〇久通信2020年12月号


■EPSON SC-R5050 レジンインク搭載プリンター

 レジンインク搭載により印刷後の乾燥時間が不要。

すぐラミネート加工・貼り加工が可能なため溶剤用プリンターと比べて

大幅な時間短縮が実現出来ます。


■Mimaki JV100-160 溶剤用プリンター

 JV150より速く、JV300より遅い。

導入コストを抑えられるため、画質・速度・コストと

バランスの良いエントリーモデルタイプ。

新しいインクのAS5インクを使用することで

ランニングコストを抑えることが可能。

その反面、実績不足・赤の色味がSS21に劣る欠点を持っています。

 新機能としてDASを搭載し、メディア送り調整を自動で行うことが可能。

50回の閲覧