NEWS


■EPSON SC-R5050 レジンインク搭載プリンター

 レジンインク搭載により印刷後の乾燥時間が不要。

すぐラミネート加工・貼り加工が可能なため溶剤用プリンターと比べて

大幅な時間短縮が実現出来ます。


■Mimaki JV100-160 溶剤用プリンター

 JV150より速く、JV300より遅い。

導入コストを抑えられるため、画質・速度・コストと

バランスの良いエントリーモデルタイプ。

新しいインクのAS5インクを使用することで

ランニングコストを抑えることが可能。

その反面、実績不足・赤の色味がSS21に劣る欠点を持っています。

 新機能としてDASを搭載し、メディア送り調整を自動で行うことが可能。

飛沫防止アクリル等を設置出来る良い機会です。

まだお済でない方は、是非ご確認下さい。



■EPSON SC-V7000 UVインク搭載フラットベットプリンター登場

複合板やスチレンボードに直接印刷が可能。

今まではミマキのフラットベットタイプ(JFX200等)が一般的だったが

SC-7000の登場により、ユーザーとしては選択肢の幅が広がる。

EPSON SC-7000は12月中旬発売予定


■三和サインワークス 袖看板 販売方法、変更のお知らせ

従来では袖看板を購入の際に壁付け用の”足”が付属していた。

変更後は壁付け・ポール・角などの壁に合わせて「看板本体+足」を選択する形となる。


■藤田産業 ノンアルミ複合板「NOALX」

溶剤用プリンターにて直接印刷を行い、ラミネートも可能なアルミ複合板の代替品!

アルミ複合板と比較して、軽く・割れず・コンパクトなため施工性や安全性、運搬性にも優れる。最大30Mの長尺サインも製作可能で、すでに実績も多くあり、様々な場所で使用されている。また、アルミ複合板と同じようにビス・両面テープ・シリコンが使用可能なため

アルミ複合板を日頃から扱っている方からすると敷居が低く良い製品です。